お気に入りを大事に使う|瞳を自分好みのカラーにできる|目的に合ったカラーコンタクト選び

瞳を自分好みのカラーにできる|目的に合ったカラーコンタクト選び

お気に入りを大事に使う

メガネ

登録データが残っている

視力の低下でメガネを新調する人も居ますが、昔に比べてフレーム部分に柄などのアクセントが多く入っており品揃えも増えています。自分に合ったメガネを作る際には、お店で視力を調べてもらう必要があり多少なりとも検査が終わるまで時間が掛かってしまうものの、一度視力さえ分かってしまえば次にお店に来店した際にデータが残っているので再度視力を調べる手間が省けれます。一般的に多いのはメガネを購入時に名前などの個人情報を記載するため、電話番号と名前を伝えるだけでデータを呼び出せるのです。ただし同じ店舗であることが条件であり、更にスムーズな対応を求めるのであれば以前作ったメガネを持ち込むと定員に伝わりやすく安心です。

手入れの方法

おしゃれで使用しているメガネも視力のために使っているメガネも日頃の手入れに注意点があります。一般的にはメガネ拭き用のクロスで拭くだけという人が多いですが、女性の場合であればメガネにファンデーションが付き、そのままクロスを洗わずに使い回している場合があります。汚れてしまったクロスは手洗いや洗濯機などでしっかりと汚れを落としておかなければ、次に使う際に汚れが原因でレンズに傷が付いてしまうので注意しましょう。おすすめの手入れの方法としてはメガネを水で洗ってから、充分に水気をクロスで拭う方法であり、プラスチックなどの製品のメガネは熱に弱く塗装が剥がれてしまうためお湯を使用して洗うのは避けると安心です。